鯉口シャツ、腹掛、股引などの祭り用品、祭り法被を激安販売【和のイベント屋】

バラ売り白丁衣装(行列の衣装)【安心の品質】 [s892n7876]

バラ売り白丁衣装(行列の衣装)【安心の品質】 [s892n7876]

現在の激安販売価格: 0円~14,500円(税別)

(税込価格: 0円~15,950円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

烏帽子:
上衣・紐:
:
数量:

白丁(はくちょう)衣装・・・はくちょうと読みます。白張とも記載します。

こちらは、白丁のバラ売りとなります。
出荷までに1-2週間くらいかかります。
(欠品した場合は数ヶ月かかる場合もございます)
領収証が発行できますので、お支払いはカード決済のみとさせていただいておりますが
特殊な機関でカード決済の立替が出来ない場合は先払いのご相談承ります。


白張(白丁)の品質 綿100% 烏帽子は麻等の品質で都合により異なる場合がございます。
本物の本物とは多少異なります。大きく異なる点はいくつかございますが
当社の真似SHOPさんが増えてきましたので、記載はいたしませんが、
由緒正しい行列に出るからどんな価格でもいい!というお客様は
是非商談させてください。ポイントは素材と上衣の作りにあります。
また、紐も個別に対応させていただきます。

白張(白丁)は現在殆どがイベント向けのものになっており、
価格面でも本物は難しいようでこの白張(白丁)が本物として売られているようです。

白張(白丁)はWIKIによりますと
白張(はくちょう)とは、主に平安時代の下級官人によって着用された衣装の1つ。「白丁」とも表記し、「しらはり/しらばり」とも読んだ。上着は古代日本の衣装である襖(あお)の系統で、盤首・身一幅の単仕立ての狩衣と類似した構造である。裾をすぼめるために括り袴を併せて着用する。白麻もしくは白絹に糊を強くつけて張りを持たせた布地を材料とするためにその名の由来とする。主に宮中の小舎人、公家や武家の供人、神事の道具を運ぶ仕丁が着用し、後にこれを着用している人々のことを白張もしくは白丁と呼ぶようになった。これは官人登用の規定においては、これら下級役人の子弟は一般の良民男子である白丁と同等の扱いを受けていたことも関係している。 とのことです

バラ売り白丁衣装(行列の衣装)【安心の品質】 [s892n7876]

現在の激安販売価格: 0円~14,500円(税別)

(税込価格: 0円~15,950円)

オプションにより価格が変わる場合もあります。

烏帽子:
上衣・紐:
:
数量: